スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ旅行記⑤

コンニチハ!ブルーです!

サテサテ、早速アメリカ旅行の続きです。
今日は、ラスベガスからセドナまでの移動日です。
距離にして、644km。
こんな道のりになります。

途中にある街セリグマンを経由していきます。

このセリグマンという町。
以前の旅行の際、同じようにラスベガスからグランドキャニオンを目指していた時に
この時も予想外の渋滞に巻き込まれてしまい、あたりはどんどん暗くなってくるし
もうこの辺で宿を探さないとマズイ!と思った時に高速道路からぽつぽつと明かりが
見えたので「ここで泊まろう!」と下りた町でした。

後でわかったことですが、ROUTE66の有名な観光地だったんですね!



IMGP8595.jpg
IMGP8572.jpg
IMGP8573.jpg
IMGP8594.jpg
DSC_0020_201407071243378e2.jpg
DSC_0022_20140707124339965.jpg
DSC_0030_2014070712434094f.jpg

ここで食事も済ませ、さーセドナへGO!
ここからワタシが運転を担当しました。
数キロ走ったところで、タカヒロくんが「そのランプ何?」という。
見てみると、インパネに今までは表示されていなかったランプが点灯している。
うーん。これはどう見てもエンジン系統のランプなんだよね・・・
以前の車の時に、同じようなランプが点灯した後に
エンジンが停止したことがあり、不安はピークに!

すぐに高速道路をおりて、対処を考えることに。
DSC_0041_20140707124343b2d.jpg

標高が高い地域だったため、まだ雪が残っていました。
DSC_0040.jpg

DSC_0042_20140707124400837.jpg

ダッシュボードに入っていた車の説明書を読んでみると
「このランプが点灯した場合、すぐにディーラーへ」
ってなことが書いてある・・・

って言ったって、ディーラーがあるような町ではないし
そもそもレンタカーなのに、勝手に修理に持ち込んでいいとも思えないし
とにかく、最寄のHARTZ(ハーツレンタカー)の営業所まで運転していくことに。

100キロくらい走ってようやくようやくついたハーツの営業所。
これでなんとかなる!とホッと一安心。
「直してくれるか、車を変更してくれるかするだろう」と思っていました。

症状をつたえると、笑顔で対応のお兄ちゃん。
車に乗り込み何かしている。
するとまた笑顔で「ハイ。どうぞ乗って乗って!」
ん!直ったのか?
見てみると、やはりランプは点灯したまま。

「?」

「この先、30キロくらい先に、シボレーのディーラーがあるよ!
そこまでのナビセットしたけん、行ってみて!」

ソウキタカ・・・(-_-メ)
日本のレンタカー会社ではまずありえない対応だと思うんですけど・・・(汗)

まぁ、そう言うんだから仕方ない。
行きましたよ。

IMGP8596.jpg

症状を話すると、すぐに車はピットの中へ。
待つ事30分。
結論でいうと、外付けのナビゲーションとうまく連動が出来てなくて
エンジンランプが点灯してしまっているとのこと。
なのでエンジンに異常はないと。
ひとまずホッ。

しかし、アメリカで車の販売店に行くことになるなんて!
ま、これもいい思い出になりました。


ツヅク

追記
今日のクープはコチラ




よかったら「ボチッ」とお願いします
フレンチブルドッグひろば










スポンサーサイト
プロフィール

BlueBlue5

Author:BlueBlue5
犬種 フレンチブルドッグ
毛色 パイド(黒色多め)
性別  ♀
誕生日 2009年9月29日
性格  ビビリ屋 

訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りブログ
フレンチブルドッグひろば
フレンチブルドッグひろば
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。